星つむぎの村の歴史(詳細こちら)の中で、さまざまなプラネタリウム作品や絵本などをつくってきました。みんなで集まって、「想い」を共有し、ともに「表現」するその活動の中で、「星が人をつなぐ」ことや、「星を見上げる意味」を深めてきたように思います。星つむぎの村に関わる「特産品」は、こちらをご覧ください。

その時々で取り組んでいるモノは変わっていきますが、一人ではできないことを仲間とともにつくりあげる楽しさを、多くの人に味わってもらいたいと思っています。

☆彡「星つむぎの村」オリジナルカレンダーづくり
2018年版を目指して鋭意制作中です。(画像はイメージです)

☆彡プラネタリウム作品づくり
「天の川のむこうに―いのちのリレーをみつめて」
2016年の「星空縁日」の際に公開した平面版、2017年、清里の森で公開中のドーム版があります。